忙しい両親も安心な学童保育の預かりサービス

専業主婦という言葉はすでに過去のものとなり、夫婦共働きが当たり前の時代になりました。育児休業制度などは浸透しつつありますが、小さな子どもがいても働く必要があることも事実です。だからといって、まだ幼い我が子にお留守番ばかりさせるのも気が引けます。第一、孤独な環境下で大切な時期を過ごすことは、今後の人生にも暗い影を落としかねません。優れた人格と豊かな社会性は、大勢の人がいる中でこそ育まれていきます。近くに祖父母が暮らしていない家庭であれば、子どもを見てくれる民間施設を利用するのが一番です。各地で展開している、いわゆる学童保育の一時預かりサービスも、有力な選択肢といえます。そのメリットをきちんと把握して、健やかな子どもの成長を促していきましょう。

安心のシステムと充実した各種設備

学童保育の預かりサービスは、昼過ぎまで夜まで子どもの面倒を見てくれるものです。施設にもよりますが、最長で21時まで可能ですので、残業が多き時期でも安心です。安全な場所で過ごすだけでなく、温かい食事も出ますので、空腹に苛まれるようなこともありません。もちろん、施設内にずっといなくてはいけないということもなく、自由に帰宅できます。その際は個別送迎も実施してくれますので、トラブル回避の面からも有用です。セキュリティ面で万全の設備が整っており、専用のカードがなければ出入りできません。入退室の際には保護者のもとへ、子どもの画像つきメールが送られてきます。実際の様子を見ながら我が子の無事を確認できますので、これほど心強いことはありません。まさにニーズにマッチした施策といえます。

学習習慣が身につく学力サポート

利用者が増加傾向にある学童保育預かりサービスですが、付加価値も見逃せなポイントです。評判のいい施設では学習サポートも充実しており、基礎学力の向上にも繋がります。計算や漢字書き取りは、この時期に鍛えておきたい基礎能力に他なりません。ここでしっかり学んでおけば、授業に取り残されることもなく、学校も楽しくなります。当然ながら受験にも有利になりますので、今後の進路を決める際にも極めて価値的です。また、オプションとしてピアノなどの習い事を覚えさせることもできます。定期的に野外イベントなども開催されていますから、情操教育としても最適です。豊富な経験ができれば、子どもが寂しさを感じることもなくなります。まずは資料請求して、その魅力を改めて確認していきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加